現在位置 比叡山中学校・高等学校中学校教育課程

教育課程

学力と知力を無理なく確実に
伸長する優れた中高一貫教育。

 中学・高校6年間を通して確実に学力を伸ばせるよう、一人ひとりに目を配るていねいな指導を行っています。将来の大学進学も視野に入れた幅広い学習を目指し、特徴あるカリキュラムに基づいて教育活動を実践しています。例えば、ネイティブスピーカーによる英会話の授業では、今後ますます国際化する社会で活躍するための基礎を作ります。また、自分で考え行動するため、総合学習などで仏教を背景とした精神による「生きる力」を養います。なお、数学では1・2年で週2時間、3年で週に3時間がTT及び習熟度別授業にあてられ、生徒各自の理解に合わせた授業を行い、全体のレベルアップを図っています。なお、2021年度より、土曜日の授業はありません。45分授業7限(火・木)の教育課程で実施しています。6限の日(月・水・金)は、本校独自の学習時間を設定しています。

※1 EST(えいざん・スピリット・タイム)は、6限授業日の月水金における6限終了後の15分間を利用し、各学年の様々な学習を行います。

※2 総合は、10分間の朝礼での訓話を通し、中学生それぞれのジェネレーションに応じた人間観を成長させることを目的としています。また、必要に応じた行事に対しても行われます。